HOME>オススメ情報>離婚したくても相手が応じてくれない場合にも活用可能

別れさせる手口について

男女

別れさせ屋という職業が世の中には存在します。一見するとどんな仕事なのかピンと来ない方もいらっしゃるでしょうが、実は別れさせ屋が必要なシチュエーションは意外に多いのが世の中の実態なのです。分かりやすい例を出しますと、あなたが奥さんで旦那さんと別れたいと思ったとします。しかし旦那さんは離婚に応じてくれません。こういう場合、離婚裁判に持ち込んでも離婚は認められませんが、旦那さんに浮気などの非があれば事態は変わってきます。その浮気の場面を作るのがこの別れさせ屋なのです。工作員の女性が旦那さんに近づき、親しくなって浮気をさせて、その場面を奥さんが直接目にするというシチュエーションを作り出すのが別れさせ屋の仕事のパターンの一例です。

利用の仕方

男女

別れさせ屋を利用する場合はネット検索などから業者を見つけ、まずは自分の置かれている状況の説明から始めるというパターンが一般的です。そしてターゲットが誰で、そのターゲットと自分がどうなりたいのかなども業者の担当者にきちんと伝えて別れさせ屋に仕事をしてもらうことになります。男女のことなので状況は個々でさまざまなため、別れさせ屋は状況的に最も成功確率の高い手段で成功に導こうと努力をします。

浮気相手と別れさせる

割れたハート

また、自分の旦那さんに浮気に疑いがある場合、浮気相手と旦那さんが分かれる工作を別れさせ屋に頼むことも出来ます。この場合、まずは探偵などに調査を依頼し、旦那さんが浮気している確たる証拠を掴んでおく必要があります。そうでないと別れさせ屋は仕事が出来ません。旦那さんと旦那さんの浮気相手の関係が分かっていれば別れさせ屋はその2人を別れさせる最善の策を考え、行動に移してくれます。尚、別れさせ屋の成功確率は100パーセントではないことも知っておきたいものです。

広告募集中