HOME>トピックス>まずは配偶者の行動パターンを把握すること

不倫の手がかりをまずは自分で収集

指

配偶者の不貞行為が疑わしいときに役に立つのが、探偵による不倫調査です。ただし、配偶者が不倫をしていることが疑わしいという漠然とした懸念だけでは、調査は余計に時間と費用がかかってしまいます。そこで、不倫調査を探偵に依頼する前に準備しておきたいのが、手がかりを集めることです。行動パターンを記録したり、ゴミを漁ってレシートやホテルのポイントカードを収集するだけでも調査の下準備を行うことができます。手がかりを探偵事務所に持参すれば、不倫調査の計画を立てられるのです。

綿密な調査計画で費用を抑える

配偶者をターゲットとした不倫調査を探偵に依頼すると、意外とお金がかかってしまうものです。極力費用を押さえたいという方に、コツを紹介しましょう。不倫調査というのは期間が長ければ長いほど余計に費用がかかってきます。そこで、手短に調査を済ませるために綿密な調査計画を立てます。ターゲットとなる配偶者の行動パターンが把握できていれば、行動パターンに基づいて追尾調査を投入すれば、短時間でも不倫の証拠を掴むことができます。そのためにも、不倫の手がかりを自分で収集することが調査のスムーズな遂行に役立ちます。

広告募集中